太陽光発電の導入と経費をお得に考えること

太陽光発電の導入と経費をお得に考えること 現在ではクリーンエネルギーとして注目されていて、光熱費を抑制できる設備として太陽光発電を用いることが注目されています。
特に一戸建て住宅にお住まいの方であれば、屋根や庭、カーポートなどあらゆる場所にソーラーパネルを設置できる環境にあるので、効果的に活用することができます。
しかし、多くの方が考えてしまう内容には太陽光発電を導入する際に必要とされる経費です。
この点に関しては決して安いものではありませんが、実際には太陽光発電を設置した住宅であれば、余った電力に関しては地域を管轄している電力会社で買取り制度を用意していることが特徴でもあり、いわゆる売電を行うことができます。
この方法であれば節電を行っているうちに、自然と売電できる量も増えることになるので、毎月に収入を得ることができるようになります。
その結果としてローンを利用して太陽光発電を設置された方でも、売電した料金を経費にあてることができるので、負担の少ないシステムとしてお得に導入できます。

太陽光発電で出来る節税とは

太陽光発電を導入することで、グリーン減税の対象となれます。
この節税は10kW以上の太陽光発電機器を導入した個人事業主と法人に対して、税金の面でさらなる優遇が受けられる制度です。
固定価格買取制度で発電した電力全量買取とはまったく別の適用内容となっているので、注意してください。
10kW以上の発電が出来るスペースがあることが条件で、そのほかにニーズがあれば決断内容となるでしょう。
優遇の内容と方法は、中小零細の個人事業主と法人に限って適用され、太陽光発電の設置に掛かった金額の7パーセントを支払うべき税金から免除され節税となります。
また個人事業主または法人が太陽光発電システムの費用の一定割合を設置年度に経費として計上することができます。
これには青色申告をしている個人・法人を対象に普通償却に加えて取得額の30パーセントと全額を償却できる特別償却があります。
100パーセント償却される場合は即時償却となるので、以降の償却はなくなります。

注目サイト

2018/5/11 更新